2018-11-23

真由美の蒸し米

どぶろくの「真由美」を造るの時、蒸し米が水分の多いベチャ飯になってしまう事をその筋のプロに相談した。
すると、蒸し器の素材が悪い事を指摘された。

どう言う事かと言うと
それまで使っていた物は金属製の蒸し器で余分な水分が多く、ベチャ飯になる。木製の物に代えれば桧が水分を吸収し状態の良い蒸し米が出来ると。

本当かなあ~~?

でも、いざ実行!

蒸し米をつくるのに待つ事1時間。

蓋を開けてビックリ。
写真はありませんが、全くベチャ飯になって無い!
おまけに手にも着か無いほどでサラサラした感じでネット離れ良い。凄い!

まだまだ、知らないことばかり。
そして、この昔ながらの和せいろの凄さに感謝。
ご指導頂いた方に感謝!!


関連記事